竿燈まつりは、真夏の病魔や邪気を払う、ねぶり流し行事として宝暦年間にはその原型となるものが出来ていたという。  現在残っているもっとも古い文献は、寛政元年(1789)津村淙庵の紀行文「雪の降る道」で、陰暦の7月6日に行われたねぶりながしが紹介されている。 このときにはすでに秋田独自の風俗として伝えられており、長い竿を十文字に構え、それに灯火を数多く付けて、太鼓を打ち

ながら町を練り歩き、その灯火は二丁、三丁にも及ぶ、といった竿燈の原型が記されている。  元々、藩政以前から秋田市周辺に伝えられているねぶり流しは、笹竹や合歓木に願い事を書いた短冊を飾り町を練り歩き、最後に川に流すものであった。 それが、宝暦年間の蝋燭の普及、お盆に門前に掲げた高灯籠などが組み合わされて独自の行事に発展したものと言われている。
秋田市竿燈まつり実行委員会公式サイトより。

ter14d.jpg 竿灯まつり,竿灯祭り 6。

ter8d.jpg 
竿灯まつり,竿灯祭り 7。

ter9d.jpg 
竿灯まつり,竿灯祭り 8。

ter10d.jpg 
竿灯まつり,竿灯祭り 9。

ter13d.jpg 竿灯まつり,竿灯祭り 10。

★2018.04.11 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】   昭恵さん あなたは土俵 上がってよ

★2018.05.02 荒川強啓 デイキャッチ! 【時事川柳】    逃亡は 屋根裏部屋か 外遊か
★2018.05.16 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】  一転の くもりもないよ すりガラス
★2018.05.30 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】   森友は 「いいね!」 じゃなくて 「言い値」 らしい
★2018.06.06 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】   梅雨入り 更に伸びるな モリとカケ
★2018.06.20 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】   サッカーの 隅に小さく 加計の顔
★2018.07.04 荒川強啓 デイ・キャッチ! 【時事川柳】  パス回し 手本は総理の 答弁か
★2018.09.05 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  誓約書 あんたが出してよ 国民に
★2018.11.07 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】   忘れるな そんなジジイも 有権者
★2018.11.07 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】   腕利きを 揃えた口利き ばかりだろ
★2018.11.14 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】   さつき流 五月雨式の 記載漏れ
★2019.1.09 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  新基地で サンゴのひだち 悪くなり
★2019.1.23 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  ♬厚労省は~ 気楽な稼業と 来たもんだ♪
★2019.2.20 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  不適切? 不正は適切 指示通り
★2019.2.27 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】   優越的 地位乱用の 内閣府
★2019.3.20 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  来年は 五輪が全部 黒くな
★2019.3.20 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  四選を 「よせ」と読みたい 民心
★2019.3.27 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  安っぽい 忖度するな 考案者
★2019.3.27 荒川強啓 デイ・キャッチ!【時事川柳】  埋めるほど 溝は深まる 辺野古かな

 ☚ おいでやす 左のマーク押して

スポンサーサイト






















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2021 客船の旅, All rights reserved.